必見!タオ島の夜遊びゴーゴーバー、ボーイはある?バーやクラブは?

しくりん
タオ島って、夜遊びは出来るのかなあ・・?
 
にこるん
現地住民に聞いた、タオ島の夜遊び事情を見てみよう!
 
 

1 タオ島で夜遊びは出来る?

タオ島では、夜遊びが出来ます。
 
 
タオ島は海が有名で観光地などは特にありませんが、自然豊かで住民もお酒や宴が大好きです。
 
 
そのため、夜になると音楽がかかりだすBARも出てきます。
 
 
タオ島にいる人はみんなフレンドリーで歌ったり踊るのが大好き。
 
 
タオ島で夜遊びするなら、音楽が流れているBARやクラブで女の子・男の子をナンパしましょう!
 
 
観光地より、開けた性格の人が多いのでみんなノリがいいですよ。
 
 
ぜひ行ってみて、その空気を感じてみてください♪
 
 

2 タオ島にゴーゴーバーは?

残念ながら、タオ島にはまだゴーゴーバー・ゴーゴーボーイズはないです。
 
 
しかし、ナンパの成功率は高いのがタオ島の特徴です。
 
 
海と音楽とお酒と・・遊び。
 
 
結構楽しいところですよ。
 
 

3 タオ島にバーやクラブは?

タオ島にBARやクラブはあります。
 
 
飲食店はわりとあるので、タオ島は食べ物には困りません。
 
 
BARやクラブも充実していて、島の人や観光客でいつもにぎわっています。
 
 
ナンパ成功率が高い、私のオススメのBARやクラブはこちら。
 
 
・COCO BAR
オシャレで音楽も楽しめて、安くて美味しいカクテルが最高なBAR。
 
 
・Maya Beach Club
毎晩、DJによるサンセットセッションがあり、音楽とお酒、そして景色を楽しめる場所として大人気。
 
 
・Lotus Beach Bar
サンセットの景色が美しく、ゆっくりな音楽でムードを出してくれるBAR。
 
 

4 ナンパ必勝法

ナンパには、コツがあります。
 
 
それはこちら。
 
 

・紳士な雰囲気で
・一緒の空間を楽しむ
・相手に興味を持たせる
・急にさりげなく距離を詰める
・良かったら、と誘う
 
 
順番に説明します。
 
 

・紳士な雰囲気で

まず、初対面の人に声をかけるときには礼儀が必要です。
 
 
こんばんは、と基本的な挨拶から始めましょう。
 
 
挨拶が出来る人は、絶対に好印象をもたれます。
 
 
これだけで、ナンパの成功率はグッと高まります。
 
 

・一緒の空間を楽しむ

次に、一緒の空間をナチュラルに楽しみましょう。
 
 
お酒の味を楽しんだり、音楽に身をゆだねてみたり、景色を見てぼーっとしたり、空間に溶け込みましょう。
 
 
そうすると、不思議と相手も居心地よく、その空間にいることが出来ます。
 
 

・相手に興味を持たせる

最初のうちは、無理にガツガツ話しかけずに、空間を楽しみます。
 
 
沈黙で横にいても大丈夫です。
 
 
むしろ、ガツガツしない方が相手から来てくれることが多い。
 
 
行かないことで、相手に興味を持たせる心理効果が得られます。
 
 

・急にさりげなく距離を詰める

ガツガツ話しかけてこないのに、急にパッと話しかけ、相手にドキッとさせるのも効果的です。
 
 
『そういえばさ、』という感じで、急なのに自然な感じで話しかけましょう。
 
 
そして、会話を楽しむ。
 
 

・良かったら、と誘う

会話が乗ってきたところで、良かったら次飲みに行かない?と誘いましょう。
 
 
この方法で、案外簡単にナンパは成功しちゃいます。
 
 
楽しい夜をお過ごしください。
 
 
もしナンパ成功した場合に備えて、泊まるホテルは連れ込み可能なところを予約しましょう。
 
 
連れ込み可能なオススメホテルは、オコタンプレースホテルです。
 
 
ここは連れ込み可能に加え低価格、朝食付きという評価も高いホテルです。
 
 
オコタンプレースホテルの予約は、Booking.comですれば最安価。
 
 

HPはこちらから>>
Booking.com
 
 
海外旅行へ行くなら、シムフリースマホとシムカードは必須だと思う。
 
 
なぜなら、今回のタイでもバスで降りる場所を確認するのにグーグルマップを使うと非常に便利だった。
 
 
グーグルマップを使うには、ワイファイが必要だが、ワイファイレンタルは高すぎるのが難点。
 
 
そこで、シムフリースマホと現地用のシムカードを持っていれば、ワイファイなしでスマホが使い放題となる。
 
 
シムフリースマホは一度買えばずっと使えるし(もちろん日本でも)、現地のシムカードは1000円ほど。
 
 
持っていれば、旅行がストレスフリーになること間違いなし。
 
 
私のオススメとしては、旅行が好きなら携帯をシムフリースマホにしておいて、旅行のたびに現地のシムカードを買うことだ。
 
 
そうすれば、ワイファイのレンタルは必要なくなり、節約にもなる。
 
 
同じく通信会社をドコモやソフトバンクから、ラインモバイルにすればより一層節約できる。
 
 
私が使っているコスパ最強のシムフリースマホは、huaweiのp10 lite。
 

HUAWEI 5.2型 P10 lite SIMフリースマートフォン サファイアブルー 【日本正規代理店品】 P10 lite/WAS-LX2J/Sapphire Blue

新品価格
¥24,000から
(2018/5/31 13:59時点)


 
そして、タイ現地で使えるオススメシムカードはこれ。
 

【お急ぎ便】 AIS タイプリペイド SIM 8日間 データ通信定額 100分無料通話つき

新品価格
¥720から
(2018/5/31 14:26時点)


 
旅行がさらに快適になるだろう。
 
 
シムフリースマホのラインモバイルに関する記事はこちら。
 
 

【2018年】1番安い格安SIM!ラインモバイルの速度欠点や評価は?

2018.03.29
 

何か参考になれば幸いです。
 
 
オススメ記事>>

円からタイバーツ両替!一番安い方法とは?レート重視の賢いやり方

2018.05.11

ゼロ円で出来ること!ミャンマー入場料無料で楽しむ格安旅行まとめ

2018.05.10

ベトナムの物価は1番安い?東南アジアで格安周遊するための旅行テクまとめ

2018.05.10

タイバンコクの物価は安い?格安で行ける東南アジア周遊オススメルート

2018.05.08

死ぬまでに一度は訪れたい!東南アジア最後の秘境『バガン遺跡』とは?

2018.05.08

東南アジア(外・部屋)で絶対虫に刺されないための最強対策グッズまとめ!

2018.05.07

東南アジア一人旅!の前にやるべきこと【必要な準備・ビザ・持ち物】ミャンマー編

2018.05.06

これでも続ける?100記事達成で本当に稼げるか★ワードプレス収益公開★

2018.04.30
 
にこるん
タオ島の夜も楽しそう!あなたの旅が素敵なものになりますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

波乱万丈B型ブロガー、タナアイです。【人生の学びを後世に残したい】そんな思いで記事を書いています。やっとのことで、収入7桁突破!それまでのことも、また書きます。お楽しみにしてね。