タイバンコクの物価は安い?格安で行ける東南アジア周遊オススメルート

しくりん
タイって物価は安いのかなあ・・?他にも行きたいけど、低予算で行けるとこは・・?
 
にこるん
東南アジアの物価や、オススメ周遊ルートを見てみよう!
 
 

東南アジアの物価・ルート
1 タイバンコクの物価は安い?
2 東南アジアで物価が安い国
3 東南アジアオススメ周遊ルート

 
 

1 タイバンコクの物価は安い?

タイバンコクは、日本に比べれば物価は安い国である。
 
 
しかし、バックパッカーや旅行で東南アジアの何箇所かを回っていると、物価は高いと感じるだろう。
 
 
というのも、やはりバンコクでも、観光地は観光客向けの価格設定である。
 
 
特にお土産は、値切るのが当たり前だと思っておいたほうがいい。
 
 
以下、タイバンコクでの物価をひととおりまとめてみた。
 
 

・食べ物 一食75円~
・ペットボトルの水17円~
・ビール99円~
・服450円~
・タクシー初乗り105円~
・バイクタクシー30円~
・渡し舟6円~
・バス21円~
・スカイトレイン45円~
・地下鉄45円~
・特急列車270円~
・トゥクトゥク60円~
・公衆電話1分3円~
・映画360円~
・ワットプラケオ1500円
・ワットアルン150円
・ワットポー300円
・フットマッサージ1H450円~
・サンダル150円~
 
 
こうして見ると、日本よりは安い。
 
 
観光料も積み重なるとバカにならないので、タイバンコクでは賢く、行きたいところだけに行くに限る。
 
 
タイはインドやネパールに比べると物価は高いが、無駄遣いをしなければ、物価は安い方だといえる。
 
 

2 東南アジアで物価が安い国

東南アジアで物価が安い国は、ランキングにすると以下が上位3つである。
 
 
1 タイ
2 マレーシア
3 ベトナム

 
 
上位3つはどの国も、観光地の観光客向け料金を除けば、かなり物価は安い。
 
 
この3カ国は食費、交通費、娯楽費も似たり寄ったりである。
 
 
圧倒的に安く旅行を楽しみたいのなら、日本から距離が近く、物価も安いこの3カ国を選ぶべきだ。
 
 

3 東南アジアオススメ周遊ルート

1,2をふまえて格安旅行をしたい人へ、オススメの東南アジアにおける周遊ルートを提案する。
 
 
まず、1週間未満ならこちら。
 
 
・日本→タイ→マレーシア→日本
 
・日本→タイ→ベトナム→日本
 
 
次に、2週間程ならこちら。
・日本→ミャンマー→タイ
 →カンボジア→ベトナム→日本

 
・日本→タイ→カンボジア
 →ベトナム→フィリピン→日本

 
・日本→タイ→ベトナム
 →マレーシア→フィリピン→日本

 
 
一ヶ月程度ならこちら。
・ミャンマー→ラオス→タイ→カンボジア→ベトナム→マレーシア→シンガポール→インドネシア→フィリピン→日本
 
 
1ヶ月あれば余裕で東南アジアを制覇できると言える。
 
 
陸路(バス・地下鉄)、格安飛行機を駆使して格安旅行を楽しんで欲しい。
 
 
格安航空券は、スカイスキャナーで探せば最安価が出てくる。
 
 
登録しておいて損は無い。
 
 

 
 
ホテルの予約は事前にしていくほうがもちろん安いので、予定をある程度組んで予約して行くのが得策。
 
 
格安ホテルを探すなら、
断然Booking.comがオススメ。
 
 
HPはこちら>>
Booking.com
 
 
評価が良くて安いところはすぐ売り切れるので、泊まる場所がある程度決まっているなら早いうちに。
 
 
海外旅行へ行くなら、シムフリースマホとシムカードは必須だと思う。
 
 
なぜなら、今回のタイでもバスで降りる場所を確認するのにグーグルマップを使うと非常に便利だった。
 
 
グーグルマップを使うには、ワイファイが必要だが、ワイファイレンタルは高すぎるのが難点。
 
 
そこで、シムフリースマホと現地用のシムカードを持っていれば、ワイファイなしでスマホが使い放題となる。
 
 
シムフリースマホは一度買えばずっと使えるし(もちろん日本でも)、現地のシムカードは1000円ほど。
 
 
持っていれば、旅行がストレスフリーになること間違いなし。
 
 
私のオススメとしては、旅行が好きなら携帯をシムフリースマホにしておいて、旅行のたびに現地のシムカードを買うことだ。
 
 
そうすれば、ワイファイのレンタルは必要なくなり、節約にもなる。
 
 
同じく通信会社をドコモやソフトバンクから、ラインモバイルにすればより一層節約できる。
 
 
私が使っているコスパ最強のシムフリースマホは、huaweiのp10 lite。
 

HUAWEI 5.2型 P10 lite SIMフリースマートフォン サファイアブルー 【日本正規代理店品】 P10 lite/WAS-LX2J/Sapphire Blue

新品価格
¥24,000から
(2018/5/31 13:59時点)


 
そして、タイ現地で使えるオススメシムカードはこれ。
 

【お急ぎ便】 AIS タイプリペイド SIM 8日間 データ通信定額 100分無料通話つき

新品価格
¥720から
(2018/5/31 14:26時点)


 
旅行がさらに快適になるだろう。
 
 
シムフリースマホのラインモバイルに関する記事はこちら。
 
 

【2018年】1番安い格安SIM!ラインモバイルの速度欠点や評価は?

2018.03.29
 

何か参考になれば幸いだ。
 
  
オススメ記事>>

死ぬまでに一度は訪れたい!東南アジア最後の秘境『バガン遺跡』とは?

2018.05.08

東南アジア(外・部屋)で絶対虫に刺されないための最強対策グッズまとめ!

2018.05.07

東南アジア一人旅!の前にやるべきこと【必要な準備・ビザ・持ち物】ミャンマー編

2018.05.06

これでも続ける?100記事達成で本当に稼げるか★ワードプレス収益公開★

2018.04.30

【保存版】インスタグラムでイケメン外国人彼氏をつくる5つのテクニックと方法

2018.04.30

適応障害で労災請求は出来るのか?ゆとり世代いじめ・パワハラ撲滅運動。

2018.04.28

世界を旅しながら生活するブロガーの旅行ブログでの稼ぎ方と平均収入

2018.04.27

ワードプレス初報酬発生!期間はどれくらい?収益いくら?記事数は?

2018.04.27
 
 
にこるん
東南アジアで格安旅行にしよう!あなたの旅が素敵なものになりますように!
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

波乱万丈B型ブロガー、タナアイです。【人生の学びを後世に残したい】そんな思いで記事を書いています。やっとのことで、収入7桁突破!それまでのことも、また書きます。お楽しみにしてね。