最低3000万!?老後必要なお金はいくら?ゆとりある生活をするために。

しくりん
老後って、いくらあったらのんびり暮らせるんだろう・・?
 
にこるん
最低3000万円は必要と言われているよ。詳しく見てみよう!
 
 

ゆとりある老後のために。
1 老後には、いくら必要?
2 ゆとりある老後とは?
3 老後資金を効率よく貯める方法

 
 

1 老後には、いくら必要?

老後生活するには、最低3000万円必要だと言われています。
 
 
これは、贅沢することなく、質素に暮らした場合に必要な金額です。
 
 
子供は手を離れ夫婦のみの生活、もしくは独身だったとしても、老後は病気や怪我もしやすく、介護が必要になるかもしれません。
 
 
それを考慮すると、3000万円は少なすぎるくらいです。
 
 
3000万円というのは大金のように感じますが、老後になると、普通に生きているだけでも、容易に消費しつくせてしまう金額なんです。
 
 
では、ゆとりある生活を老後にするには、いくら必要か?
 
 
それは、最低4000万円です。
 
 
この1000万円の違いは大きく、3000万円の蓄えと比べると、老後の生活がずっと楽になります。
 
 
お金はあればあるほどいいですが、ゆとりある楽な暮らしがしたければ、最低でも4000万円は用意しておくべきです。
 
 

2 ゆとりある老後とは?

では、ゆとりある生活とは、どんな生活のことだと思いますか?
 
 
ここでいうゆとりある生活とは、こんな生活のことです。
 
 

・毎日自炊すれば、
 毎日美味しいご飯を食べられる
 
・自分の趣味に月に5万円ほど
 自由に使えるお金がある
 
・時間はたくさんあるので、
 ジムや習い事、旅行にもいける
 
 
贅沢ではないけど、生活に困ることなくある程度の自由がある状態です。
 
 
この生活をするためには、やっぱり4000万円は貯めておくべきです。
 
 
私たちの年金は、月に5万円ほどは、貰えると仮定してみましょう。
 
 
そして、4000万円貯めておくと、60歳から90歳までの30年間、毎月11万円ほど使えることになります。
 
 
あわせて考えると、月に16万円ほどお金があります。
 
 
これだけあれば、ゆとりのある生活が出来ますね。
 
 
ですが、万が一の時のために、保険へ入っておくことは大事です。
 
 
何も起こらなければ、4000万円と年金でゆとりある生活は出来るし、ある程度の病気や怪我には対応できます。
 
 
ですが、ガンや要介護など大きな病気には、それだけ大きな出費が伴います。
 
 
いくら4000万円貯めていて、年金が入ってきていても、大きすぎる出費には対応できません。
 
 
そこで必要なのが保険なんです。
 
 
保険は掛け捨てだと損をすることが多いですが、今の時代、貯蓄型保険や、年数ごとにお金を受け取れる保険もたくさんあります。
 
 
それらの保険は、はっきり言って保険会社は得をしません。
 
 
保険会社は、そういういい保険をきっかけに、他の保険にも入って貰うことで、利益を得ています。
 
 
そこで私たちは、いい保険にだけ入れば、損をせずお得な保険に入ることが出来るということです。
 
 
ゆとりある生活をするためには、いい保険への加入は必須ですよ。
 
 

3 老後資金を効率よく貯める方法

老後資金を効率よく貯めるには、銀行に貯金していてはダメです。
 
 
それでは、一向にお金は増えないし、保険にもなりません。
 
 
また、投資は上手くいけば効率はいいですが、かなり勉強を必要とします。
 
 
しかも、損をすることもあるので、お金に余裕がある人だけにしましょう。
 
  
では、余裕がない人の効率のいい貯め方とは、どんなものがあるのか?
 
 
それがこちら。
 
 

効率よく貯める方法

・無駄遣いをしない
・個人年金保険で貯蓄
・その他貯蓄型保険で貯蓄
 
 
では、順番に説明します。
 
 

・無駄遣いをしない

効率よく老後資金を貯めるには、無駄遣いをしないことが基本です。
 
 
生活の中で払いすぎ、使いすぎている無駄はないか、一度見直すことからスタートしましょう。
 
 
例えば、携帯代は毎月、いくらかかっていますか?
 
 
3000円以上だとしたら、多すぎです。
 
 
今すぐ格安スマホに変えましょう。
 
 
デメリットが気になる人もいますが、そういう人はこの記事を読んでください。
 

【2018年】1番安い格安SIM!ラインモバイルの速度欠点や評価は?

2018.03.29
 
 
こういう無駄な支払いは、見直して改善していきましょう!
 
 

・個人年金保険で貯蓄

個人年金保険ってご存知ですか?
 
 
ほとんどの人が、国民年金は納めていて、65歳から貰える予定ですよね。
 
 
それとは違い、自分で将来に備えて保険会社で蓄えておくのが、個人年金保険というものです。
 
 
掛け金・支給開始日などは自分で決めることが出来るので、無理なく貯蓄することが出来ます。
 
 
銀行へ貯金するのとどう違うの?
 
 
と疑問に思うかもしれませんが、この二つは全然違います。
 
 
まず、毎月2万円ずつ個人年金保険をかけるとしましょう。
 
 
あなたの口座から毎月2万円が保険会社へ引き落とされます。
 
 
そのお金は、あなたが決めた支給開始日(例えば60歳)になると、あなたに支給され始めます。
 
 
その頃には、保険会社によって増える率は違えど、受け取る金額は、引き落とされた総額よりも確実に増えます。
 
 
しかも、銀行に預けているのとは比べ物にならないくらいに増えます。
 
 
しかし注意点があって、ある程度の年数が経たずに解約すると、こちらが少し損をするように出来ています。
 
 
なので、その年数までは確実に保険をかけ続けられる金額で、契約しておきましょう、無理は禁物です。
 
 

・その他貯蓄型保険で貯蓄

個人年金保険以外にも、保険をかけながら貯蓄ができるような保険は、保険会社によって違えど、たくさんあります。
 
 
ネットの情報だけで決めずに、一度保険会社で色々と話を聞いてみることをオススメします。
 
 
保険は自分にあったものに、ちゃんと入っておくべきなので。
 
 
それと、保険会社は一社だけの話を聞いて決めずに、他社とも比較してから契約しましょう。
 
 
相談の時に、気になる保険の資料を持参するのも効率がいいです。
 
 
他社の保険であっても、自分はこういう保険に興味があるという意思表示になるので、資料の持参はいいことですよ。
 
 
私のオススメの保険会社は、無料相談をするだけで全員が豪華なプレゼントをもらえる、大手のこの3社です。
 
 

 
 
 
 
以上3つは、無料相談で勉強にもなりながら、豪華なお肉やお米がもらえるので、相談だけでもかなりお得です。
 
 
気に入らなかったり、もっと他の会社を見たいときは、無料のプレゼントだけ貰って帰りましょう!
 
 
何か参考になれば幸いです。
 
 
オススメ記事>>

3年ごとに15万円!オススメの女性専用保険は生きているだけで受け取れる!

2018.04.24

【2018年保存版】インスタ・ブログで情報発信をしなきゃ、負け組になる!?

2018.04.23

【保存版】今やるべきは、収入源の複数化!将来に備えたゼロ円ガイド

2018.04.22

貯金は危険!?老後も安心、損をしない資産管理の1番賢い方法まとめ

2018.04.22

初心者ミニマリスト入門★これから不安な時代を賢く生きるテク3選!

2018.04.22

平均割合!旦那の家に入れるお金はいくら?夫婦の生活費分担の正解!

2018.04.19

【話題】肌が生まれ変わる!ヒト幹細胞お試しサンプル通販・体験エステまとめ!

2018.04.09

あんちゃから学ぶ!インスタとnoteで8桁を稼ぐ方法*ネタバレ!

2018.04.08
 
にこるん
老後に備えて、保険って大事だね!あなたの幸運を祈ってるよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

波乱万丈B型ブロガー、タナアイです。【人生の学びを後世に残したい】そんな思いで記事を書いています。やっとのことで、収入7桁突破!それまでのことも、また書きます。お楽しみにしてね。