頭に来てもアホとは戦うな!堀江貴文絶賛の本を読んで学んだことまとめ

本屋に何冊も並べてあり、かなり目立つ売られ方をしていた本、それが
 
 
『頭に来てもアホとは戦うな!』
 
 
という本だ。
 
 
なにしろ、あの堀江貴文が絶賛なんだとか・・。
 
 
早速、読んで学んだことをまとめてみた。
 
 

1 アホと戦うのは時間の無駄

本のタイトルにもあるように、アホと戦うことは、すなわちアホであるということ。
 
 
なぜなら、相手をしているその状況こそ、相手の土俵にこちらが入ってしまっているのだから。
 
 
アホと戦うのは、時間の無駄。
 
 
そう思って、いかなるクレームも聞き流し、いかなる愚者もそういう生き物だと認めてしまう。
 
 
自分であえて関わることをスッパリやめて、ほぼ無関係な状態をつくることこそ、賢者のやり方だ。
 
 
そうすれば、苛立つこともなく、自分の時間を取られることもなく、自分のレベルを下げることも無い。
 
 
おそらく、サラリーマンに響く本だろう、この本は。
 
 
サラリーマンは基本的に矛盾だらけの上司、クレームの多い客に板ばさみにされている。
 
 
そのような人間に、この本のタイトルは響くのだ。
 
 
サラリーマンが現状を変えられることは、まずない。
 
 
したがって、よりよく耐えるしかないのがサラリーマンだ。
 
 
そのよりよく耐える方法を言い換えたのが、『頭に来てもアホとは戦うな!』ということ。
 
 
この本は、心地よくサラリーマンに耐えさせることを教えてくれる。
 
 
単純で冷淡な人間ほど、この本のとおり、アホを相手にしなくなるだろう。
 
 
そして、そのような人間は感情を持たなくなり、たんたんと仕事をするようになる。
 
 
このように何の意見も言わない淡々と仕事をする人間は、サラリーマンとして実に優秀である。
 
 
いわゆる、『使いやすい人間』の出来上がりだ。 
 
 
この本を読む人に、そういう意図があることを知った上で、アホを相手にすることについて考えて欲しい。
 
 
アホを相手にしなくなって、最も利を得るのは誰かということを。
 
 
とは言っても、アホを相手にしないことは、誰にでもプラスになり得る。
 
 
だから、アホは相手にしないものの、自分の感情や思いを持ち続け、時にそれを主張するのがいいのではないかと思う。
 
 

2 アホを自分のためだけに利用する

アホを相手にしないのも得策だとは思うが、もっと得策なのが、やはり『利用』である。
 
 
アホと真っ向から自分が戦っていては、自分もアホになってしまう。
 
 
だとしたら、そのアホを出来る限り挑発し、そのアホさを際立たせた上で、自分が正しくあれば、自分の評価はかなり上がる。
 
 
そういう風に、アホを見つけては『使えるな、こいつ』という視点でいても楽しめると思う。
 
 
やはり、イライラしない秘訣は『遊び心』を持つことだろう。
 
 

3 自分がアホになってみる

全てをわかった上で、あえて『アホ』になってみるというのも、なかなか面白い。
 
 
自分がアホになることで、相手がイライラしたりと反応を見せてくれるからだ。
 
 
イライラするくらいなら、イライラさせるほうに回ってみてはどうだろう?
 
 

4 あえて困ったふりをする賢者

賢いキャラや仕事が出来るキャラでいると、仕事をどんどん任される。
 
 
その状況を脱するには、あえて困ったふり・出来ないふりをするのが賢い。
 
 
これは、仕事をしないのではなく、自分のしたいように仕事をするための方法だ。
 
 
これが出来るようになれば、自分の力を入れたい仕事に大きく力を入れる余裕が出来る。
 
 
これも、大人の駆け引きというやつだ。
 
 

5 評価されるのに必要な能力

そもそも、会社で評価されるために必要な能力とは何か?
 
 
会社にもよるが、絶対必要なのは『人たらし力』である。
 
 
どんなビジネスも、人に愛されなければ成功しない。
 
 
それと同じで、評価されたければ、評価する者に気に入られる能力が必要不可欠だ。
 
 
それは、もはや仕事が出来る出来ないの話ではない。
 
 
お金であったり、気の使い方であったり、媚の売り方であったり・・
 
 
汚い話だが、世の中、特に会社ってそういうものだ。
 
 
評価されなくてもいいから自分のスタイルを貫くか、評価のために賢くズルく生きるか。
 
 
なかなか、この選択は簡単ではない。
 
 

★ 情報操作に注意

最後に、言っておきたいことがある。
 
 
本というものは情報操作されている可能性があるということ。
 
 
例えば、日本代表が日本国民をこのようにしたい!と思えば、どうするか。
 
 
テレビや本などで誘導するのである。
 
 
私たちはそのような中で、正確な情報だけを選ばなければならない。
 
 
さもないと、まんまと損をしたりということになる。
 
 
情報操作に関して知識を深めたい人は、この本が1番オススメだ。
 
 

情報操作のトリック その歴史と方法 (講談社現代新書)

新品価格
¥778から
(2018/6/4 12:09時点)


 
 
この本を読めば、情報操作というものがどれだけ恐ろしく、世の中に根付いているのかが、よくわかる。
 
 
日本のサラリーマンは本当に毎日よく働いてられるな、とつくづく私は思う。
 
 
将来がどのように変わっていくか想像もできないこの世の中で、他人に頼っているのは得策ではない。
 
 
サラリーマンと真逆にいるのが、今話題のユーチューバーだ。
 
 
彼らは若いが、ちゃんと自分でサービスを与え、収入を得ている。
 
 
彼らは、非常に危機管理能力が優れているといえる。
 
 
今や、誰だって個人でお金を稼ぐことが出来る時代だ。
 
 
その方法がユーチューブという動画サイトであるのがユーチューバー。
 
 
動画・顔出しがリスキーだと思うなら、今すぐブログを始めるべきだと思う。
 
 
ブログで記事を書くことは、世の中にサービスを提供していることと同じなので、もちろん収入になる。
 
 
いつ何があってもおかしくない時代だからこそ、自分自身で何か収入源を確保しておくことは、非常に大事だ。
 
 
ブログは誰でも無料で始めることができるので、飽きるかもしれなくても、一度はトライすべきだ。
 
 
高額なスクールなどに通う必要は全く無い。
 
 
だが、本格的にブログで稼ぎたい気持ちがあるのなら、1年間で何千円かは設備に必要となる。
 
 
しかし、それだけだ。
 
 
ブログの作成の仕方は、こちらの記事が参考になる。
 
 

【保存版】今やるべきは、収入源の複数化!将来に備えたゼロ円ガイド

2018.04.22
 
 
何か始めるのに早いも遅いも無い。
 
 
何か参考になれば幸いだ。
 
 
オススメ記事>>

【保存版】Google検索に好かれるための、簡単で具体的な方法20個まとめ

2018.06.04

【保存版】広告で稼ぐなら絶対このジャンル!人生の節目に関するオススメ商品5選

2018.06.02

記事の書き方がわからない!初心者でも今すぐ書けるタイトルサンプル大公開★

2018.06.01

Hoian Handcraft Workshopの民族音楽・踊りのショー開催時間と見どころはココ!

2018.05.31

東南アジア格安ダイビングでジンベイザメと泳げる!オススメの国と料金をご紹介!

2018.05.30

タオ島どこでジンベイザメが見れる?出現確率ナンバーワンは本当だった!

2018.05.22

ベトナムの物価は1番安い?東南アジアで格安周遊するための旅行テクまとめ

2018.05.10

タイバンコクの物価は安い?格安で行ける東南アジア周遊オススメルート

2018.05.08

東南アジア一人旅!の前にやるべきこと【必要な準備・ビザ・持ち物】ミャンマー編

2018.05.06

【保存版】インスタグラムでイケメン外国人彼氏をつくる5つのテクニックと方法

2018.04.30
 
  
 

 
 

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

波乱万丈B型ブロガー、タナアイです。【人生の学びを後世に残したい】そんな思いで記事を書いています。やっとのことで、収入7桁突破!それまでのことも、また書きます。お楽しみにしてね。