出版社の危機!?素人作家でもバカ売れする『note』、売れるコツを紹介!

少し前まで、作家を目指す人は、出版社を通すのが普通だった。
 
 
しかし、今や個人で書いたものを売買できる時代なのである。
 
 
何の資格も無く、何の根拠もないが、おもしろい・読みたくなる・・そんな書き物は抜群に売れていく。
 
 
要するに、才能の持ち腐れが防げる時代となったのだ。
 
 
書いたものを売るのに、手数料もかからない。
 
 
才能さえあれば、人は容易にお金を稼ぐことが出来る。
 
 
ユーチューバーもインスタグラマーも、いわばその類だ。
 
 
自分で自分を売ることが出来る時代になっている。
 
 

1 noteとは?

 
 
作家を目指す人、自分の書き物で稼ぎたい人必見なのが、『note』というサイトである。
 
 
このサイトでは、作家やライターは自分の書いたものを投稿する。
 
 
読者は無料のものや有料のものまで、自分の好みで読む。
 
 
いわば、『note』は作家と読者をつなぐSNSということだ。
 
 
こちらのサイトで作家が支払う手数料は、売れた時に支払う分だけで、大体15%noteに取られるだけ。
 
 
1000円で販売したものが1000部売れて利益は85万円だ。
 
 
仮に、出版社から本を販売すれば、作家には8%の印税しか入らない。
 
 
noteでは1000冊で85万円の利益。
 
 
それだけの利益を出版社経由で得るには、10625冊売らなければいけない。
 
 
これだけの差があれば、作家やライターは『note』に流れるだろう。
 
 
個人が勝手に稼いで行く時代が来ているのだ。
 
 
出版社のような仲介業者は在り方を考えなければならない。
 
 
さて、『note』は一体どんなものが売れるのか?
 
 
売れるコツはあるのだろうか?
 
 
売れるコツとしては、文字で人の興味をひくテクニックが必要となってくる。
 
 
例えば、興味があるジャンルで、文章を読んでいたとする。
 
 
そして、
 
 
『続きはこちら(有料版)で!』と言われると、モヤモヤしないか?
 
 
そう、このモヤモヤを誘導すれば、売れるのだ。
 
 
無料漫画アプリや、エロサイトでもこの方法は使われている。
 
 
続きが気になるのが人間の性なので、これを利用するに限る。
 
 
もちろん、リピーターを増やすため、文章は読者が喜ぶ内容でないといけない。
 
 
ここを手を抜けば、その作家なりライターの命は短いだろう。
 
 
読んでくれる人があってこそ、作家やライターは生きることが出来る。
 
 
そのことを頭に入れておけば、ずっと読者に愛される作家・ライターでい続けることが出来るだろう。
 
 
何か参考になれば幸いだ。
 
 
オススメ記事>>

結婚相手に選んだら危険!メンヘラサイコパス男の特徴5つはコレだ!

2018.06.05

心を鍛える禅のことばを読んだまとめ!たったコレだけで、人生が楽しく幸せになる。

2018.06.05

絶対売れるセールステクニック!マネするだけで購入者が続出する方法とは!

2018.06.04

頭に来てもアホとは戦うな!堀江貴文絶賛の本を読んで学んだことまとめ

2018.06.04

【保存版】Google検索に好かれるための、簡単で具体的な方法20個まとめ

2018.06.04

【保存版】広告で稼ぐなら絶対このジャンル!人生の節目に関するオススメ商品5選

2018.06.02

記事の書き方がわからない!初心者でも今すぐ書けるタイトルサンプル大公開★

2018.06.01

Hoian Handcraft Workshopの民族音楽・踊りのショー開催時間と見どころはココ!

2018.05.31

東南アジア格安ダイビングでジンベイザメと泳げる!オススメの国と料金をご紹介!

2018.05.30

ベトナムTSN空港のワイファイが繋がらない!どうしたら繋がる?

2018.05.27

【2018年度版】ゴーゴーボーイ入場料300B!1番安い。タイで女一人夜遊びしてみた。

2018.05.23

 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

波乱万丈B型ブロガー、タナアイです。【人生の学びを後世に残したい】そんな思いで記事を書いています。やっとのことで、収入7桁突破!それまでのことも、また書きます。お楽しみにしてね。