格安でバガン!遺跡朝日・夕日のオススメ絶景スポット!ミャンマー旅

しくりん
ミャンマーのバガンで、朝日・夕日が綺麗に見える場所ってどこ・・?
 
にこるん
それは、ニャンミンタワーか、高めの遺跡!詳しく見てみよう!
 
 

東南アジア 秘境
1 ニャンミンタワーとは?
2 バガン遺跡への行き方
3 バガンでの要滞在日数は?
4 バガンの物価は安い!?
5 バガンのレンタルバイク相場
6 バガンでお土産を買うなら?
7 ミャンマーオススメ観光地

 
 

1 ニャンミンタワーとは?

バガン遺跡の魅力は、その名の通り、遺跡が密集しているその風景。
 
 
仏塔やお寺の装飾、壁画ももちろん見所だが、バガンのすばらしいのは、『サンライズ』と『サンセット』。
 
 
気球が飛ぶ季節に行けば、気球と朝日や夕日が重なり合う、物凄く美しい壮大で幻想的な景色を見ることが出来る。
 
 
この神々しさは、おそらく誰も言葉では語りきれない。
 
 
バガンのこの景色を一度拝めば、その意味がわかるだろう。
 
 
その神々しいサンセットとサンライズを綺麗に見える場所というのが、ニャンミンタワーと、高度の高い遺跡である。
 
 
ニャンミンタワーの入場料は7000k(チャット)で、日本円で700円弱だ。
 
 
このニャンミンタワーへは、朝日の出る前から入場可能なので、日の出時間の30分前には到着しておきたいところ。
 
 
ニャンミンタワーの場所はグーグルマップで検索すればすぐわかる。
 
 
高い建物なので、迷うことなく行き着けるだろう。
 
 
バイクで行くなら、建物の近くに適当に停めて入場すればいい。
 
 
その他、サンライズやサンセットを見れる場所は、高い遺跡に上る方法。
 
 
しかしここ最近事故があり、見晴らしのいい遺跡は登ることが禁止されているため、比較的小さな遺跡を探して自力で登るしかない。
 
 
料金を気にしないなら気球に乗るのが最もいい方法だと思う。
 
 
しかし、何万円とするので、この旅行は朝日目当てで来たとかじゃなければ、ニャンミンタワーで十分だろう。
 
 

2 バガン遺跡への行き方

日本からバガン遺跡へ行くには、まずはミャンマーのヤンゴンへ。
 
 
日本からヤンゴンまでは直行便で約7時間となっている。
 
 
ヤンゴンからバガンへも国内線があるが、夜行バスでも行ける。
 
 
時間がない人は飛行機、お金が無い人は夜行バスの選択肢がいい。
 
 
ミャンマーへの飛行機も、ミャンマー内の飛行機も、LCC(格安航空券)があるので、それがオススメ。
 
 
skyticketでは、ミャンマー行きの最安価航空券を探すことが出来る。
 
 

 
 
ミャンマー内のオススメの夜行バスは、JJ Express。
 
 
バガンへ行く予定があるなら、日本から予約をしていける。
 
 
HPはこちらから>>
JJ Express
 
 
ホテルの予約も事前にしていくほうがもちろん安いので、予定をある程度組んで予約して行くのが得策。
 
 
格安ホテルを探すなら、
断然Booking.comがオススメ。
 
 
HPはこちら>>
Booking.com
 
 
評価が良くて安いところはすぐ売り切れるので、泊まる場所がある程度決まっているなら早いうちに。
 
 

3 バガンでの要滞在日数は?

バガンで必要な滞在日数は、最低2日というところだろう。
 
 
というのも、サンセットとサンライズを見るのには1泊する必要があり、遺跡をめぐるのも2日くらいはあった方が余裕を持っていける。
 
 

4 バガンの物価は安い!?

ミャンマーの物価は、東南アジアでも安い方ですが、宿は少し高めの設定なので、事前に予約をオススメする。
 
 
バガンでは、1チャット12円程なので、1000チャット=100円弱。
 
 
チャットのゼロを一つ取って、それよりも少し安いと覚えておこう。
 
 
バガンでの遺跡は基本的に無料だが、バガンに入る時に入場料25000(約2000円)チャット支払わなければいけないので、それが代わりのようなもの。
 
 
昼食は、お腹いっぱい食べても3000チャット程。(300円弱)
 
 
コーラは1000チャット(100円弱)で、少し高め。
 
 

5 バガンのレンタルバイク相場

バガンでは、基本的にレンタルバイクで移動することになる。
 
 
そのレンタルバイクの相場は、1日5000チャット(500円弱)。
 
 
ぼったくられたりしないように、この相場は頭に入れておきたい。
 
 
また、レンタルバイクで移動すると砂埃が凄いので、マスクがあるといい。
 
 
もちろん、日焼け対策も。
 
 
東南アジアでの持ち物などは、こちらの記事が詳しいので参考に。
 
 

東南アジア一人旅!の前にやるべきこと【必要な準備・ビザ・持ち物】ミャンマー編

2018.05.06
 
 

6 バガンでお土産を買うなら?

観光地のバガンでお土産を買うとヤンゴンより高いので、お土産を買うならヤンゴンがオススメだ。
 
 
記念にバガンでお土産が買いたい人は、街中やパゴダの中でもお土産を売っているのでそこで。
 
 
値段交渉はすれば安くなる。
 
 

7 ミャンマーオススメ観光地

ミャンマーの、バガン遺跡以外の観光地のオススメは、こちら。
 
 

・ゴールデンロック
・幻のカックー遺跡
・インレー湖
・シュエダゴンパゴダ
・アーナンダ寺院
・スレーパゴダ
・ポッパ山
・チャウッターヂーパゴダ
・ダヤマンジー寺院
・宝石博物館
・マーケット
・スラマニ寺院
・ティーローミンロー
・マンダレー王宮
・ウーベイン橋

 
 
行きたいところを事前にピックアップして、後悔の無いようにまわろう。
 
 
以上、何か参考になれば幸いです。
 
 
オススメ記事>>

東南アジア(外・部屋)で絶対虫に刺されないための最強対策グッズまとめ!

2018.05.07

東南アジア一人旅!の前にやるべきこと【必要な準備・ビザ・持ち物】ミャンマー編

2018.05.06

これでも続ける?100記事達成で本当に稼げるか★ワードプレス収益公開★

2018.04.30

【保存版】インスタグラムでイケメン外国人彼氏をつくる5つのテクニックと方法

2018.04.30

適応障害で労災請求は出来るのか?ゆとり世代いじめ・パワハラ撲滅運動。

2018.04.28

世界を旅しながら生活するブロガーの旅行ブログでの稼ぎ方と平均収入

2018.04.27

ワードプレス初報酬発生!期間はどれくらい?収益いくら?記事数は?

2018.04.27

【保存版】何されたらイク?一度もイったことがない女でも絶対イケる方法

2018.04.27

旦那の連れ子と寝て(男女の関係)しまった最低な私とその後の生活

2018.04.26
 
にこるん
バガン遺跡って素敵だね!あなたも素敵な旅行になりますように!
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

波乱万丈B型ブロガー、タナアイです。【人生の学びを後世に残したい】そんな思いで記事を書いています。やっとのことで、収入7桁突破!それまでのことも、また書きます。お楽しみにしてね。